大好きなレスリーを想う淡々とした日常の記録
by kelly-o
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
映画
音楽

Leslie
香港
その他
震災
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
The Four Sea...
レスリー、いつも一緒だよ
ONE DAY
Welcome to L...
レスリー・チャン生誕50...
RMJ主催「覇王別姫藝術...
レイコさんの鹿児島スケッチ
RED MISSION ...
香港貧乏旅日記 時々レス...
レスリー・チャン 一生最...
最新のコメント
まあそうですよね(^^)..
by kelly-o at 11:46
まだ食べていません。どん..
by kelly-o at 11:41
そうなんですよね~分..
by kelly-o at 11:38
普通あの組み合わせだった..
by leslie339 at 09:31
凄い量のオマケですね~ ..
by leslie339 at 09:23
レスリー歌上手いですよ~..
by leslie339 at 09:17
ありがとうございます!(..
by kelly-o at 22:46
お店の名前は公利です。
by 花襲人 at 00:25
映画のタイトルは「藍江傳..
by 花襲人 at 20:38
行って来ました(^^) ..
by kelly-o at 17:50
最新のトラックバック
Boyz 竇。 Men
from レスリー、いつも一緒だよ
ランプがふたつになるとは..
from TaxiRobin
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
ブロークバック・マウンテン
from シカゴ発 映画の精神医学
Amarantine
from The Four Seaso..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
芸能・アイドル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 193 )

大熱+Untitled

香港で前からずっと欲しかった、このCDを買った。
「大熱」も「Untitled」も持っているけど
ボーナストラックとして収録されている「TONIGHT AND FOREVER」を
聴いてみたかったんだ。

最近レスリーの歌を聴いていなかったけど
今回久しぶりに聴いてみて、やっぱりいいな~っと
毎日のように聴いている。

歌、上手いよね。
by kelly-o | 2016-11-17 14:38 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

オリジナル

先日テレビの歌番組を見ていたら、山口百恵のヒット曲を
いろんな歌手が歌っていた。

それぞれに工夫して歌っていたけど、レスリーの時も思ったけど
他の歌手が歌うのを聴くと、オリジナルの素晴らしさを余計に感じる。

だから歌わないで欲しいと言うのではなく、これからもどんどん
レスリーの歌が若い人たちに歌い継がれていけばいいなと思う。

そしてそれを聴くたびに私は、やっぱりレスリーって凄い!!って
思うのだ(^^)。
by kelly-o | 2015-04-22 23:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

グリーン

NHKの「SONGS」で徳永英明の歌を聴いていたら
「さよならの向こう側」を歌う時に、収録されてる「VOCALIST 6」の
ジャケットが一緒に映ってドキッとした。

緑色の背景で足を組んで椅子に座っている写真だったのだけど
レスリーの「FOREVER」そっくり!と思ったのだ。

よく見ればそんなにそっくり!ではないんだけど(^^;色の印象がよく
似ているなぁと思う。
私の場合は勝手に脳内変換する確率がかなり高いのだが(^^)・・・
曲が「さよならの向こう側」だったから余計レスリーのことが
頭に浮かんでいたのかも。
by kelly-o | 2015-01-26 14:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

キラキラ

もう一つディック・リーさんのお話から。

オーガスト・イン・ヒロシマで共演した時「僕は黒のスーツを着ていました」と
言っただけで客席からは笑いが(^^)この笑いは理解出来るな~。
レスリーは「ごめんなさい。僕の衣装はキラキラです」と言ったそうで客席大受け。

ディックさんは「大丈夫。あなたはスターなんだから」と返したそうだ(^^)けど
なんだか微笑ましいエピソードだ。
レスリーもあの衣装は、ちょっと浮いているかもって思っていたのかな。
キラキラと言うには微妙な色合いだが・・・(^^;。

ディックさんの言葉の端々から「追」が結んでくれたレスリーとの縁をとても大切に
思っているような印象を受けた。
by kelly-o | 2013-09-22 23:30 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

カサブランカ

ディック・リーさんのお話によると、2001年ごろレスリーのお気に入りの映画を
イメージしたアルバムを作る企画があったそうだ。
ディックさんに依頼されたのは「カサブランカ」で、曲は出来たけどその後連絡が
なく、結局キャンセルになったとのことだった。

「カサブランカ」は有名な主題歌「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」があるから新しく
イメージするのは大変だったろうな。
どんな曲だったんだろう・・・そして「カサブランカ」以外のレスリーのお気に入りの
映画は何だったんだろう・・・どんな人たちに依頼したのかな・・・イベント終了後も
あれこれ想像している。
by kelly-o | 2013-09-21 23:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

夢中人

Eテレの「ミュージック・ポートレイト」に常盤貴子が出演した。
人生で大切な音楽を10曲選ぶという趣旨で、もしかしたらレスリーの曲を
選ぶのかな・・・と思いながらも見たいような見たくないような
知りたいような知りたくないような・・・ぐずぐずした気持で見逃した。

が、先日再放送を知り、こんな気持ちならいっそ見てみようと思った。
冒頭あたりから「星月童話」が映ったりしたので、どんな曲を選ぶんだろうと
ドキドキした。

結局、曲としては映画の撮影時にレスリーとの距離を縮めてくれたとして
フェイ・ウォンの「夢中人」が選ばれていたので、ぐずぐずは晴れなかったが
常盤貴子にとってレスリーは歌手よりは俳優なのかな。

でも本などで読んではいたけど、レスリーとのエピソードをテレビを通して
直接聞くことが出来たのは嬉しかった。
表情や声の調子などから、活字では分からなかった細かいニュアンスが
分かったように感じた。
by kelly-o | 2013-07-29 16:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

プレスリー

「SONGS」のエルヴィス・プレスリー特集を見た。

3月31日の香港からの衛星生中継のコンサートを画期的!と書いたけど
もう40年も前に、ハワイからプレスリーがやっていたんだ!
徳光さんが、当時は本当に映像が送られてくるか心配だったと言ってたけど
それは40年もたって、これだけ映像技術が発達しても全く同じ(^^)・・・私も
香港からの映像が映った時はホッとした。

湯川れい子さんのコメントがとても心に響いたけど、中でも「バンドの
メンバー(ボーカル)ではなく、歌手という存在」の言葉はレスリーをとても
思い出させた。
その他にもレスリーを思い出させる映像やエピソードがたくさんあったな。

外国では「エルヴィス」と言うけど日本では「プレスリー」と言う。
エルヴィスの方がかっこいいけど、私は絶対プレスリーの方がいいな(^^)
by kelly-o | 2013-04-20 23:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ハミング

「MISS YOU MUCH LESLIE」の最後に「月亮代表我的心」が流れ、香港でも
日本の会場でもファンが一緒に歌ってたと聞いたが、私がいた六本木は割とクールな
雰囲気だったので合唱にはならなかった。でも確かに聴こえた。

私もハミングに近い感じで歌っていたけど、そういう人がたくさんいて自然と
それが沸きあがってきたのだと思う。
小さなミツバチの羽音みたいな感じ(^^)で。

今朝の新聞に「宝塚 in 台湾」の記事が載っていて、その中にテレサ・テンの
持ち歌でもあった「月は我が心」を中国語で披露する場面もあり、評判を呼んでいる
と書かれていた。
この歌は確かにテレサの持ち歌だけど、私たちにとってはレスリーと気持ちを
通わせられる大切な歌だ。
by kelly-o | 2013-04-07 10:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

雑談

「MISS YOU MUCH LESLIE」に出演した歌手だが、顔と名前が分かる人と
顔は見たことあるけど名前がどうしても思い出せない人と、顔も名前も
分からない人がいた。サングラスとかしているともうダメ(^^;
でもジャッキー・チュンは分かった(^^)そして歌が上手いと思った。
私が歌が上手いと絶賛しても、なんの影響力もないと思うけど上手い。
その他にもとても心に響いた歌もあり、改めて広東語の美しさと香港の歌手の
実力を感じた。
ただ、衛星中継のためか音声と映像が少しずれていたのか残念だった。
最初アンソニー・ウォンが歌った時に音と口が合わなかったので、まさかの
口パク!って思ってしまった(^^;

友人がいった映画館は、周りがすすり泣きだったそうだけど、六本木は
業界関係者が多かったのか(個人的な推測ですが)わりとカラッとしていたように
思う。個別に涙した人はいたと思うし、私もちょっぴり涙がでたが。

だけど、5年前にも思ったけど映像を見ながら歌を聴きながら感じたのは
レスリーって本当にほんとーーーに!すごかったんだなってこと。
だからあんまり凝った演出よりも、シンプルな衣装の人の方がレスリーと比べずに
歌を聴けたと思う。
10年という歳月と私自身の内面だって変化しているのに、それでもなお
レスリーの素晴らしさを実感するなんて、レスリーって・・・。
by kelly-o | 2013-04-04 19:05 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

チープ・フライト

さっき日本テレビで放映されたこのドラマ。
ちょっとコミカルで気楽に見られるかな~とリラックスして見始めたら
いきなりアメリカン・パイが流れてきて、歌っていたのは女性だったけど
私の脳内では勝手にレスリーの歌に変換されて(^^)思いは一気に
レスリーに飛んでしまった。

自分でもびっくり!

でもなんとかドラマの世界に戻り、内容も身につまされたり感じ入ったりした
ことも多く、結構面白くて見入っていたらまた最後にアメリカン・パイが・・・(^^)
楽しかったけど、レスリーを思った時間でもあった。
by kelly-o | 2013-03-01 23:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)