大好きなレスリーを想う淡々とした日常の記録
by kelly-o
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
映画
音楽

Leslie
香港
その他
震災
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
The Four Sea...
レスリー、いつも一緒だよ
ONE DAY
Welcome to L...
レスリー・チャン生誕50...
RMJ主催「覇王別姫藝術...
レイコさんの鹿児島スケッチ
RED MISSION ...
香港貧乏旅日記 時々レス...
レスリー・チャン 一生最...
最新のコメント
まあそうですよね(^^)..
by kelly-o at 11:46
まだ食べていません。どん..
by kelly-o at 11:41
そうなんですよね~分..
by kelly-o at 11:38
普通あの組み合わせだった..
by leslie339 at 09:31
凄い量のオマケですね~ ..
by leslie339 at 09:23
レスリー歌上手いですよ~..
by leslie339 at 09:17
ありがとうございます!(..
by kelly-o at 22:46
お店の名前は公利です。
by 花襲人 at 00:25
映画のタイトルは「藍江傳..
by 花襲人 at 20:38
行って来ました(^^) ..
by kelly-o at 17:50
最新のトラックバック
Boyz 竇。 Men
from レスリー、いつも一緒だよ
ランプがふたつになるとは..
from TaxiRobin
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
ブロークバック・マウンテン
from シカゴ発 映画の精神医学
Amarantine
from The Four Seaso..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
芸能・アイドル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

メニュー

Franny さんのblog に9月12日のメニューについて書かれていたが、メニューがあったのを全然知らなかった・・・各テーブルに1つずつだったのかな。
料理のタイトルと材料が書いてあったのだろうか。
ベジタリアン料理だったので、お肉のように見えても別の素材だったりして、最初のうちは「これ何で出来ているんでしょうね」なんてまわりの方と話しながら食べていたけど、段々レスリーの映像に夢中になり3、4種類の料理しか記憶にない。
いつもそうだ。

料理のタイトルがレスリーの映画や曲のタイトルになっていたので、記念に欲しかったなぁ・・・。

☆今日のれすりー☆
「喰いタン」を見た。
by kelly-o | 2006-09-30 06:14 | Leslie | Trackback | Comments(0)

蝶々 part 3

写真を撮っていた時は興奮と緊張で気がつかなかったけど、出来上がった写真を見ると蝶々のバックは紅だった。
オートマティックで撮ったのにちょっとぼけてしまったが、紅をバックに金茶の蝶々が写っている。まぁぼけたのはソフトフォーカスと言うことで・・・そして茶色の地味な蝶々かと思ったけど、フラッシュで光ったら私の好きな97コンサートの金茶の衣装のイメージ。
さすがレスリー・・・フォトジェニック!
by kelly-o | 2006-09-29 11:34 | Leslie | Trackback | Comments(0)

蝶々 part 2

先日レスリーファンではない友人とお茶をして、写真を見ながら11日の蝶々の話をした時のこと。私が「あれはレスリーだったと思う」と言うと、意外にも友人が「うん、わかる」と言ってくれたのだ。
いままでレスリーについて熱く語っても「やれやれ、また始まった・・・」って感じであまり真剣に受け取ってくれてなかったからびっくりした。
そして彼女の話を聞いて、また驚いた。

彼女は事故で亡くなった友人のお墓参りを兼ねて先月旅行したのだが、その準備のため買い物をしていた時蝶々が寄って来たそうだ。蝶々の嫌いな彼女は「うわっ」と思ったけど、その時フッと亡くなった友人の名前が頭に浮かんだ。その蝶々はしばらく彼女の側を飛びまわり、いなくなったと思ったら角をまがったところで待っていたように寄って来て、また後をついて来たそうだ。
彼女は「私はあまりそういう事を信じないけど、あの時なぜか蝶々が○○(亡くなった友人の名前)だと感じたんだ。だから11日の蝶々もkelly がそう感じたならレスリーだったと思うよ」と言った。
うれしかった。私1人の思い込みじゃなかったんだ。
そして「レスリーへの熱もすぐ冷めると思ってたけど、kelly のレスリーへの気持ちは本物だったんだね」とも言った。
やっと分ってくれたか・・・でもありがとう、またレスリーの話聞いてね。

☆今日のれすりー☆
「ディパーテッド」のプレミアの様子をテレビで見た。
「インファナル・アフェア」はレスリーとは関係ないが、私の中では結びついている。
by kelly-o | 2006-09-28 06:46 | Leslie | Trackback | Comments(2)

香港国際空港

香港は観光客誘致に力を入れている街だと思う。
空港からのシャトルバスやエクスプレスも充実しているし、段差などもほとんどないので、スーツケースを持っていても苦労することはない。
帰る時も中環(セントラル)駅でチェックイン出来るので、その後身軽に買い物ができる。小さな街なのにそれぞれのエリアに特徴があるのもうれしい。
買い物と食事は街中でも十分だけど、空港に行ってからもまだ楽しめるのだ。
私はいつも空港で雲呑麺を食べる。他にも飲茶や軽食の店もあるし本格的なレストランもあり、さすが香港だといつも感心をする。
買い物に関しても、これでもかと言うくらいたくさんのお店があるので、私は職場へのお土産も空港で買う。そして買い物をすませ待ち合い室に向かう途中にもずっとお店が続いていて、何か買い忘れたり買おうか迷っている時にもちゃんと間に合うようになっているのだ。これくらい徹底しているのって好きだなぁ。

香港の空港でも、レスリーの足跡を探して想像力をたくましくしてきた。

☆今日のれすりー☆
ちょっと気分がむしゃくしゃしたので、奮発してハーゲンダッツのストロベリーアイスを食べた。
by kelly-o | 2006-09-27 06:37 | Leslie | Trackback | Comments(0)

成田

今回は、旅のはじまりから変だった。
朝早く起きて成田へ向かう電車の中では
「レスリーはいつも午前便だったのかな、午後便だったのかな」
「やっぱり2時間前には空港に行ってたのだろうか」
「荷造りは自分でやるのかな」
成田空港に着けば
「レスリーはどの航空会社を利用していたんだろう」
「その場合のVIP待ち合い室はどこ?」
「出入国検査の時はこんな風に並んだのだろうか」
「飛行機に乗り込むのは一番最後だったのかな」
「レスリーもここを歩いたかも知れないんだ・・・」
エトセトラ・・・良く言えば最初からレスリーにひたった
悪く言えばストーカー並みの興味からはじまった旅だった。

待ち合い室は、飛行機が飛び立つのが見える場所だった。
私は飛行機の離着陸を見るのが好きだ。
空港の出会いと別れ、旅立ちと帰郷の雰囲気が好きだ。
レスリーは空港にどんな気持ちを持っていたのだろう。

☆今日のれすりー☆
「ビューティー・コロシアム」でエクステンションの付け方を見た。
by kelly-o | 2006-09-26 11:42 | Leslie | Trackback | Comments(0)

大雨の中

夢の中からずっと雨の音がきこえていたような気がする。
9月13日は目が覚めたら雨だった。それもかなり強く降っている・・・「良かった、昨日のレスリーのお誕生日がこんな天気じゃなくて」と思う。

飛行機は午後便だったので、のんびりと荷造りをしてホテルを出る。
ドア係りの人にタクシーを勧められるが、地下鉄の駅まで歩いて行くと言うと送ってくれた。1分くらいの距離だけどびしょ濡れになってしまった。ドア係りの人はもちろん仕事でやってくれたのだけど、香港の男性は親切な人が多い。

中環駅で荷物をチェックインしてからフェリーでスターアベニューに向かう。
嵐の中、心配したけど大した揺れもなく無事に着いた。海辺に添っているこの道は風雨がことさら激しく、歩く人はもちろんいない。少し歩いただけでズボンがびしょ濡れだ。
折り畳み式の軽量傘はいまにも折れそうになっている。誰もいないのにスクリーンではレスリーのMVが流れ、スピーカーからもレスリーの歌が聞こえる。
レスリーのボードの前に人影があった。女性が倒れた花束や落ちたメッセージカードを直している。そして男性が2人、相合い傘でメッセージカードを読んでいる。
別にゲイのカップルではないかも知れない。傘がなくて1つの傘に入っていただけかも知れないし、雨に濡れたくなくてピッタリ寄り添っていただけかも知れない。
でも私はなんだかうれしかった。
当初の予定では、時間までここでレスリーにひたっていようと思っていたが、風雨はますますひどくなり、霧でまわりの景色もまったく見えない状況になってきたので、早めに飛行場に行くことにした。

香港で新しい経験をするたびに、香港とレスリーへの理解と愛情が深まってくる。

☆今日のれすりー☆
SMAP×SMAPにマドンナが出ていた。
中国語講座で京劇を紹介していた。
by kelly-o | 2006-09-25 08:33 | Leslie | Trackback | Comments(0)

レスリーフォーエバー

結局、行っちゃいましたオールナイト(^^)。
今回は観客は70人くらいだったでしょうか・・・。
ちょっと少ないなぁと思ったけど、このくらいの空間の方が
オールナイトの場合楽ですね。
あまり周りを気にせず映画に没頭できました。

これから朝ご飯を食べて仕事に行って来ます。

☆今日のれすりー☆
ペプシの車を見た。
by kelly-o | 2006-09-24 07:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)

星光大道

フェリーで九龍サイドに着き、そのままスターアベニューへ。
道が始まる場所には大きなスクリーンがあり、レスリーのビデオが流れていた。
光のショーがもうすぐ始まる時間だったので大勢の人がいたが、私達はそれには目もくれずにレスリーのもとへと進んで行った。
すぐに9日にビクトリア・パークにあったレスリーのパネルが見えて来た。説明文を読んでいる観光客も多い。もう9日に見ているけど、レスリーの写真の前をどうしても素通り出来なくて、見ながら歩いていたら友人たちとはぐれそうになった。
でも目的地は分っているからね。

レスリーのところに着いたら、もうボードにたくさんのメッセージカードが飾られていて、私もさっそく横の売店でカードを買いメッセージを書く。
今回は日本語で書くことにした。英語や広東語では書けないこともあるけど、日本からの観光客の方達に読んで欲しいと思ったのと、香港や中国の人に日本にもたくさんのファンがいることを知って欲しいと思ったからだ。
取れないようにしっかりとリボンで結わえ付けた。私達がカードを読んだり、レスリーの名前をきれいに拭いたりしていると、中国本土からの観光客が興味を持って寄って来て、そして名前を見て「あぁ張国栄、知ってるよ」と(多分)言ってくる。私も笑顔を返して、ささやかながら国際交流(^^;をする。
ずっとレスリーの曲が流れていて、ここに座って夜のふけるまでレスリーにひたっていたいなぁ・・・と思ったけど、空腹には勝てずレストランへ・・・。
花より団子とはこのことを言うのだろうか。

これから「今日のれすりー」と題して何を見てレスリーを感じたかをメモっていくことにした。あくまで個人的な脳内イメージなので感覚の違いはお許し願いたい。

☆今日のれすりー☆
テレビでジュード・ロウのインタビューを見たら、ファッションのポイントは「ダンヒルのスーツ」と答えていた。
続けて谷村新司が自分の代表曲について話していた。
by kelly-o | 2006-09-23 10:07 | Leslie | Trackback | Comments(0)

Flame in our Hearts

9月10日はコンベンション&エキシビションセンターで行われたLLAのイベントに
参加した。
私としてはギリギリの15分前に駆けつけたのだが、まだ全然受付が始まる気配もなく
その後もぞくぞくとファンが来ていた。香港時間というものがあるのだろうか。
しばらく写真を撮ったりしたあと中に入り、私はもちろんすぐに衣装のコーナーに並んだ。1枚だけかと思っていたら11枚もあり、その迫力とこれをレスリーが着たんだという思いで身体が震えた。

赤と黒のアーガイル模様のセーター
グレーの短かめのタートルセーター
「レスリー・チャンのすべて」のえんじ色のシャツ
97コンサートの茶色のスパンコールのシャツ
パープルのタートルセーター
白い透かし編みのセーター
ムラ染めのようなカラフルなタートルセーター
大熱のMVの赤いパンツ
黒のジャケット
ワインレッドのベルベットのジャケット
FOREVERのベージュのセーター

それぞれの前に、それを着たレスリーの写真が置いてある。
写真撮影は自由だったけど、立ち止まることが出来なかったし緊張して何を撮ったかも覚えていない状態だったが、係の方は手が震えてなかなかシャッターが押せずモタモタしている私を親切にも待っていてくださり、とてもうれしかった。
「レスリー・チャンのすべて」のえんじのシャツは、思っていたより薄い生地で色も濃く、写真の印象とかなり違っていた。白のセーターは、そのあと観たビデオの中に登場していた。楽しみにしていた衣装を見れてとてもうれしかったが、やはり心の中には言葉にはできない思いが渦巻いていた。
その場を離れ難かったが、他にも撮りたい写真があり買いたいものがあったので、またあとで見ようと思ったが結局時間がなくて見ることは出来なかった。

イベントが始まり「I Like Dreamin'」の歌声と共にデビュー当時の若いレスリーのビデオが流れるとすぐ、隣にいた香港人のファンの方が目頭をおさえたので、デビュー当時からのファンのその方の気持ちを思い、私ももらい泣きをしてしまった。
たくさんのビデオを観たあと、バースデーケーキにキャンドルを灯しシャンペンで乾杯をした。そのグラスはいただけたのでスーツケースに入れて持って帰ったが、割れずに届いたのでひと安心だった。
その後抽選があり、1人で2回も当たっている方とかもいたので「いいなぁ」と思っていたら、1000ドルでレスリーの大きなポスターを買う権利が当たったということだった。事前にお知らせはあったが、私には手が届かないと思って全然見ていなかったのだ。でも素敵なポスターばかりだったので、無理してでも申し込めば良かったかなぁと思った。
最後にバースデーケーキがカットされて配られ、それを食べてからフェリーでスターアベニューに向かった。
by kelly-o | 2006-09-22 11:26 | Leslie | Trackback | Comments(2)

ピーク

ピークには結局、11日と12日と2回行った。
ピークタワーは一部改装中だったが、展望台には登れた。
11日は晴れて暑かったけど展望台は涼しい風が吹き、香港の街がよく見えた。
大きな鳥が風に乗って漂っていて、私はずっとその鳥と街並を見ていた。
想いはもちろんレスリーのこと。

マダムタッソー入り口にテレビモニターが置いてあって、蝋人形を作っているところや本人が対面しているところなどが映っているが、ほんの一瞬だけレスリーの蝋人形の除幕式の様子が映る。唐さんがカーテンを開けるシーンとか。

12日は起きたら雨だったけど、ピークに行く頃にはやんでいた。
お誕生日の香港の街を見たかったのだが、霧がでていたけど思ったよりよく見えた。
この日もまたずーっと展望台にいて、レスリーのことを想っていた。

その後カフェ・デコを外から見学した。「君さえいれば」では外のベランダがとても高い場所にあるような印象だったが、実際は2階なので下から見るとすぐそこだ。
撮影している時も、外を通る観光客からよく見えたんじゃないかな。
そう言えば、ピークタワーの上の方にあるエビのレストランでも外国映画の撮影をしていた。立ち止まって見ることは出来なかったけど、レスリーもこんな風に撮影していたのかなぁ・・・と、この日は何を見てもレスリーに結び付けて考えてしまった。
by kelly-o | 2006-09-21 06:49 | Leslie | Trackback | Comments(0)