大好きなレスリーを想う淡々とした日常の記録
by kelly-o
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
映画
音楽

Leslie
香港
その他
震災
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
The Four Sea...
レスリー、いつも一緒だよ
ONE DAY
Welcome to L...
レスリー・チャン生誕50...
RMJ主催「覇王別姫藝術...
レイコさんの鹿児島スケッチ
RED MISSION ...
香港貧乏旅日記 時々レス...
レスリー・チャン 一生最...
最新のコメント
まあそうですよね(^^)..
by kelly-o at 11:46
まだ食べていません。どん..
by kelly-o at 11:41
そうなんですよね~分..
by kelly-o at 11:38
普通あの組み合わせだった..
by leslie339 at 09:31
凄い量のオマケですね~ ..
by leslie339 at 09:23
レスリー歌上手いですよ~..
by leslie339 at 09:17
ありがとうございます!(..
by kelly-o at 22:46
お店の名前は公利です。
by 花襲人 at 00:25
映画のタイトルは「藍江傳..
by 花襲人 at 20:38
行って来ました(^^) ..
by kelly-o at 17:50
最新のトラックバック
Boyz 竇。 Men
from レスリー、いつも一緒だよ
ランプがふたつになるとは..
from TaxiRobin
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
ブロークバック・マウンテン
from シカゴ発 映画の精神医学
Amarantine
from The Four Seaso..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
芸能・アイドル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

メルトダウン

本当は怒らなくてはいけなのだろうが、何故か怒りも恐怖もわいてこない。
そもそも怒りとは、真剣に向かい合っていたり信頼していたことに対して感じるもの
なのではないだろうか。

これまでの原発事故の会見を見聞きして、信頼というものはとっくに地に落ちていたので
聞いても「あー、やっぱりそうだったんですか」くらいの気持しか起こらない。
その自分の気持ちも怖いし、こういう人たちに自分の命どころか、日本という国の運命を
委ねていたんだ・・・と、そっちの方が恐ろしくなった。

とにかく、こういう現実があり、こういう人たちに運命を託すしかない現状であるので
現場で働く方たちに「頑張って!」と言うしかない。
by kelly-o | 2011-05-30 23:56 | 震災 | Trackback | Comments(0)

チャイニーズゴーストストーリー2

1に続いて2を観た。
続けて観たせいかと思うが、レスリーがすごく変わっていたのを感じた。
1では可愛かったのが2ではカッコ良くなっている(^^)。
3年たっているから大人っぽく(^^;なったのは分かるけど、「楽園の瑕」の
レスリーを彷彿とさせるくらい素敵だった。
物語は1に比べてコミカルだけど、それでもレスリーのカッコ良さに目がいってしまった。

「香港電影天堂」はデジタルリマスター版のDVD上映と言うことで、テレビ画面を
大きくした感じなのかな~と思っていたら・・・私の知らないところで技術は進歩して
いたんですね~(^^;ものすごくキレイな画面だった。

そんなクリアーな大きな画面で観るレスリーの美しさ。
やっぱり映画は映画館で観たい。
by kelly-o | 2011-05-27 23:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)

チャイニーズゴーストストーリー

すごく久しぶりに観たので、忘れていた場面もたくさんあった。
前に観たのがドイツ語版だったので、レスリーの声はもちろん吹き替えだったけど
元々この映画は吹き替えだったのもすっかり忘れていた(^^;。

他の映画は、レスリーに少し似た感じの吹き替えだけど、この映画はかなり違う声だ。
だから最初はびっくりして、すごい違和感があったが、声を聞かずに字幕を見るように
気持ちを変えたら、あまり気にならなくなった。
でもその代わりレスリーを見たり字幕を読んだり・・・と忙しかった。

レスリーの声でセリフを聞きたいな~。
ただでさえ可愛い映画なんだから、レスリーの声だったらもっともっと可愛く感じる
だろうな~。
by kelly-o | 2011-05-26 23:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

8年

Frannyさんのブログに、ビンゴが老衰で死んで、唐さんも引っ越したと載っていた。
いつかはこういう日が来ると思っていたけど、思ってた以上にショックを受けた。
「香港電影大堂」でレスリーの映画を何本も観たばかりだったので、余計そう感じるのかも
知れないが・・・。

震災後に、城山三郎さんの「そうか、もう君はいないのか」という本のタイトルが話題に
なったけど、私もこの時「そうか、もうレスリーはいないのか・・・」とあらためて感じた。
知っているのと、あらためて感じることは天と地ほどの差がある。
by kelly-o | 2011-05-24 08:45 | Leslie | Trackback | Comments(0)

男たちの挽歌

ゴールデンウィークに「男たちの挽歌」を観に行った。
面白かった。
いまさら・・・と思われるかも知れないが、いままでは全然感情移入出来なかったけど
今回は色々と感じることがあり、不覚にも涙がでそうになった。
やっぱり震災後は感じ方が変わったのかな。

画面もとてもキレイで、大きな画面で観たことも感情移入に関係していると思う。
もう25年も前の作品だけど、ただの懐かしさだけではなく変わらない人間の本質を
感じられたのかな、と思う。
by kelly-o | 2011-05-20 10:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)

パエトーン

原発関連のブログが続いている。
「香港電影天堂」のレスリーの映画について書きたいこともあるが、もう少し
原発について書いていこうと思う。

私が初めて原発について知ったのは、山岸凉子さんの「パエトーン」からだった。
ギリシャ神話の「パエトーン」を基に、チェルノブイリ事故と日本の原発について
警告を発している。
これを読んだ時には、とてもショックで信じられなかったし信じたくなかった。
現実と対峙する気持ちもなく、読まなかったこととして封印をしてしまった。
しかしそれから20数年がたち、否応なしに現実のこととして対峙する時がきた。

とは言っても「国策」であり、巨額のお金が動き、偉い学者や大学教授や大企業の社長や
地域の首長などの思惑が絡み合い、とても私などの「意見」が通るような状態ではない。
でも、それでも言い続けたいと思う。
原発反対と。
by kelly-o | 2011-05-17 23:18 | 震災 | Trackback | Comments(0)

ゴミ

「サンデーモーニング」の「考・震災」のコーナーで核のゴミ(放射性廃棄物)について
特集をしていた。
コメンテーターたちがそれぞれの立場で発言していたが、その中の一人が、最終処理場が
決まらないまま原発を稼働させたことについて、100年後200年後には科学の発達に
より処分出来るようになるかも知れない。その可能性も考慮にいれなくては・・・みたいな
ことを言っていた。(うろ覚え+省略がありますが)
100年前を考えれば、今の科学の進歩はすごいから100年後には何か方法が見つかって
いるのでは・・・的な内容だった。

ホントなのかな。
100年前より、そんなに進歩しているのかな。
残念ながら科学の知識がないので分からないけど、普通の生活をしている身としては、あまり
そんな気がしない。被災地を見ても、100年前に生活のレベルが戻ってしまうのって
簡単なんだなって感じたし。

それに第一、自分たちが楽しんだりしたそのツケを100年後の子孫にまわすのって人として
どうなのかな。
もし私がその子孫だったら、きっと頭にきちゃうな。

ゴミを、しかも猛毒のゴミを出し続ける生活はもうしたくない。
by kelly-o | 2011-05-15 23:19 | 震災 | Trackback | Comments(0)

原発

浜岡原発の停止が決まった。
単純に考えれば当然のことと思うし、浜岡だけでなく原発は全部停止して欲しいのが私の
気持だ。理由は地震や津波だけでなくて放射性廃棄物。
処理をする方法や場所がないまま、どんどんたまり続けているそうではないか。
こういう状態で、どうして安全と言えるのだろうか。

もちろん原発が停止することにより、電力不足になり会社や工場や一般家庭に多大な影響が
でるだろう。簡単に原発停止賛成と言ってはいけないのかも知れない。
でも、いままで原発の話になると、いつもお金が絡んでくるのが気になっていた。
助成金や原発で働く人やそれによって潤う町の姿など・・・安全についての話はどこにもない。

一度、原発が全部止まったらこれだけ電力が不足しますよ、って状態を経験したい。
それがどれだけのものか、国からの話だけでなく自分で知りたい。
少しくらいの(少しではないかも知れないが)不便がなんだろう。多少の便利さと引き換えに
放射能と不安な未来を、子供たちに残すことは出来ない。
by kelly-o | 2011-05-11 23:39 | 震災 | Trackback | Comments(0)

経済

日本経済の復興のためにも普段通りに消費をしよう・・・とか言われているが
私はあまり協力は出来ないかも知れない(^^;。

事情があり、2年くらい前から節約生活を送っている。
だから震災前から消費は自粛しているのだ。

それに、経済も消費も震災前のようには戻らないと思う。
戻れないのではなく、戻らない・・・多くの人の気持ちが変化していると思う。

私が初めてイタリアに行ったのは1994年の夏で、当時イタリアの経済は
破綻していると言われていた。
イタリアも北と南で経済格差があり、私が訪れたのは比較的裕福だと言われていた
北イタリアだったが、経済が破綻している様子は微塵も感じられなかった。
お金持ちではないけど豊かな生活を、初めて経験した。

日本も、表面だけの経済の復興ではなく、もっと深いところでの豊かな生活の
復興を目指したいな。
by kelly-o | 2011-05-08 23:30 | 震災 | Trackback | Comments(0)

ハイヒール

今日の「めざまし土曜日」で母の日のケーキが紹介されたけど
なぜか「ローズパッション」というエクレアや「マダムルージュ」という
赤いハイヒールを飾ったケーキとか、レスリー関連の(^^)名前が多くてビックリ。

それとイタリアで物々交換のコーナーがあり、久しぶりにデルピエロを見た。
他にもジュリアーノ・ジェンマや多くのイタリアの人たちが、日本の震災のために
協力してくれていた。
自分ももっと何か出来るんじゃないかな、と考えさせられた。
by kelly-o | 2011-05-07 23:21 | その他 | Trackback | Comments(0)