大好きなレスリーを想う淡々とした日常の記録
by kelly-o
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
映画
音楽

Leslie
香港
その他
震災
旅行
おっさんずラブ
テレビ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
The Four Sea...
レスリー、いつも一緒だよ
ONE DAY
Welcome to L...
レスリー・チャン生誕50...
RMJ主催「覇王別姫藝術...
レイコさんの鹿児島スケッチ
RED MISSION ...
香港貧乏旅日記 時々レス...
レスリー・チャン 一生最...
最新のコメント
ほんと、素晴らしいよね!..
by kelly-o at 09:05
昭和元禄落語心中嵌まって..
by leslie339 at 06:28
アラン・ドロンファンの方..
by kelly-o at 23:51
Kellyさん どうも..
by leslie339 at 22:11
ただいまです。 本当に..
by kelly-o at 23:58
ありがとうございます(^^)
by kelly-o at 23:55
お帰りなさい。 ご無事..
by rika at 17:31
もう出発されてたんですね..
by rika at 16:47
> Newtさん 知り..
by kelly-o at 09:43
ご無沙汰しております、k..
by Newt at 21:46
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
芸能・アイドル
画像一覧

カテゴリ:映画( 420 )

夜に逃れて(夜奔)

11月に久し振りにAmazonを見ていたら、この映画のDVDを見つけ
その時ちょうど、若くて美しくて才能あふれる俳優のことを考えるのが少し
苦しくなっていたので、報われぬ愛の映画が見たくなって注文した。

この映画は私がレスリーファンになったばかりの頃、香港映画と台湾映画に
ついての個人のHPで、素敵なレビューを読んだのがきっかけで知ったのだ。
中国語のセリフに英語の字幕だけど、粗筋も知っているし前にも見たことが
あるから無問題だと思った。でも何故か到着が1月になっていて忘れたころに
届いた。

画面も粗いし、セリフも100%理解できたわけではないけど、やっぱり
もの凄く心に染み入る映画だった。
届かぬ想い、報われぬ愛、大きな歴史の動きの中でどうしようもない運命・・・
私の拙い文章では書き表せないくらい、たくさんの出来事が濃縮された映画。
クリス・バビダの音楽と、バッハの無伴奏チェロ組曲が印象的な静謐な世界。

でも結局、想いは届くし愛は報われるし運命を自分の意志で切り開くんだ。
書きながらも涙がこぼれるけど、主人公の3人は幸せだったと思う。もう1人も。

映画を知らない人には、意味が分からない文章だと思うけど、この映画に関しては
解説はしたくない。自分の忘備録として気持ちだけを書いておく。


by kelly-o | 2019-01-12 20:32 | 映画 | Comments(0)

フレディ

「ボヘミアン・ラプソディ」を、もう一度見に行こうと思いながらも
行かないのは、やっぱり私はフレディ・マーキュリー本人の映像を見たいから。

ラミ・マレックも、ものすごく頑張って好演しているのはわかる。
ゴールデングローブ賞もとったし、この映画のおかげでまたフレディの素晴らしさに
気づかせてくれて感謝もしている。

でも、だけど・・・映画館でクイーンの音楽とフレディの声につつまれていると
映像がフレディじゃないのが、たまらなくなるんだ。
美しくて男らしくてゴージャスなフレディ・・・フレディのファッションについて
「誰も真似できない」ではなくて「誰も真似しない」と書かれてたけど、本当にそう。

フレディの個性はフレディだけのもの。

by kelly-o | 2019-01-07 21:22 | 映画 | Comments(0)

欲望の翼

何度でも見たい、「欲望の翼」を
何度でも書きたい、「欲望の翼」について

黄金町のジャック&ベティ
年の瀬に空いている映画館でレスリーを
と思っていたら60人以上はいただろうか
結構満席に近かった
しかもほとんどがレスリーファン以外だったと思う
なんかうれしい・・・「欲望の翼」は、もう香港映画とか
レスリーの映画とかの括りを超えて、もっと広く
深く見られる映画になったんだな

私も何十回も見ているけど、見るたびに新鮮な気持ちになるし
新しい発見や感覚がある
レスリーだけでなく登場人物全員が生きているし音楽も
くやしいけどウォン・カーワイの選曲のセンスも凄い

ヨディーが列車で死ぬシーン・・・生きている時と死んだあと
姿勢も表情も同じで全然変化しないんだけど
今、ヨディーの命が消えたってわかるんだ
レスリーに惹かれるのはこういうところなんだな

by kelly-o | 2018-12-30 12:20 | 映画 | Comments(0)

ジャック&ベティ

Frannyさんのブログに「欲望の翼」が22日からジャック&ベティで
上映されると載っていた。

もう上映権が12月で切れてしまうとか・・・絶対見に行く。
最近いろんなツイッターを見て、日本映画の封切りでも観客が少ないと
どんどん打ち切られるのを知ったし、少し前の映画でもなかなか映画館で
見る機会がないのも知ったので、こうして20年以上前の香港映画を
上映してくれるのは本当にうれしい。

だから私も少し無理してでも見に行かなくっちゃね。
本当はもう一度「ボヘミアン・ラプソディ」を見ようと思っていたけど
あんまりフラフラ遊んでるわけにもいかないので、2018年の締めは
「欲望の翼」にしよう!

by kelly-o | 2018-12-14 22:06 | 映画 | Comments(0)

善悪の屑

林遣都と新井浩文のW主演で、今ツイッターで話題の映画。

情報を読む限り、まったく見たいと思わないけど林遣都の
ビジュアルには興味がある。

長髪・・・どのくらいの長さになるんだろう
     男性の長髪については一家言あり

タトゥー・・・本当は和風の刺青が好きだけど
       洋風のタトゥーも嫌いではない
       腕だけなのか上半身だけなのか
       全身なのか、それが知りたい

「闇金ウシジマくん」で新井浩文が演じた肉蝮が、名前からして
すごく怖くて苦手だったので、多分「善悪の屑」もダメだと思う。

by kelly-o | 2018-11-26 21:13 | 映画 | Comments(0)

ボヘミアン・ラプソディ

こんなに泣くとは思わなかった。
見終わって泣きはらした目のまま渋谷の街を歩いた。

フレディの孤独感がものすごく伝わってきて苦しい部分もあったけど
全編を通して聴こえてくるクイーンの音楽とフレディの歌声は爽快感があった。
ライヴエイドのウェンブリースタジアムの再現度はすごい。
あの人波!

19時台には「胸アツ応援上映」があるそうなんだけど参加したいな(^^)


by kelly-o | 2018-11-16 20:49 | 映画 | Comments(0)

愛と法

弁護士夫夫のドキュメンタリー映画と言うので見に行った。
「おっさんずラブ」で春田が牧にプロポーズをしたけど、実際結婚って
どうなのかなぁと思って見に行ったんだ。

始まってすぐに泣いた。
日本ではゲイの若い人の自殺が多いそうで、この日も2人に相談していた若者が
亡くなったと知らせがあり、声をつまらせて悔しがる2人を見ていたら、上手く
言えないけど私も悔しかった。

相談にくる人たちの案件も多様で、弁護士って人間が好きじゃないと出来ないと
思ったし、人間が好きな人が弁護士になって欲しいって思う。

2人の生活はまったく自然で、一般的な夫婦と何ら変わらないように見えたな。
人は誰しもいろんな事があるから、そう言う意味では大変なことも多いと思うけど
2人で乗り越えていく感じで、とても素敵なカップルだと思った。

ドラマではあるけど「おっさんずラブ」に、もし続編が出来るなら結婚した
牧と春田の生活を描いて欲しいと思う。ファンタジーではなく現実の生活として。

by kelly-o | 2018-11-03 20:52 | 映画 | Comments(0)

少しガッカリ

楽しみにしていた横浜中華街映画祭だけど、今年はレスリーの映画の
上映はなかった・・・でも仕方がないのかなぁ。

その代わり今年のラインナップは、とても多様だと思う。
私は香港映画が好きと言う割には、レスリーの映画にすごく偏ってるし
最近の香港映画も見てないし(^^;偉そうに言う立場にはないけど。

レスリーの映画はやらないけど、見たいと思う映画があったのでちょっと
中華街まで行ってくるかな。

レスリーの映画は、いま何が日本で上映出来るんだろう。
「夜半歌聲」を、あのレトロな同發新館で見てみたい。

by kelly-o | 2018-09-20 17:55 | 映画 | Comments(0)

原点

何を見ようかなぁ~と迷ったけど、結局私がレスリーに落ちた
「ブエノスアイレス」にした。原点だから。
でも「ブエノスアイレス」のDVD、ドイツ語版を入れて5枚も
あった(^^;どんだけ好きなんだ!って話よね。
きっと香港とかでジャケット写真が違うだけで買っちゃってた
んでしょう・・・。

すっごく久し振りに見た感想は、重苦しい・・・でも15年前の
私の気持ちにはピッタリと合っていたんだと思う。
1人で香港に帰ったファイは、この後どんな人生を送ったのかな。
ウォン・カーワイはインタビューで「ファイは終わった恋愛から
(目的地を通り過ぎた列車から)飛び降りる勇気をもっていた」と
言ってるけど、まだ終わってないよね?って思う私は未練がましい
のかなぁ・・・やっぱり。

by kelly-o | 2018-09-05 16:53 | 映画 | Comments(0)

毎年

昨日のブログに、レスリーの映画が最近上映されていないみたいなことを書いたけど
今年の2月に「欲望の翼」が上映されて観に行ってるのよね。
それに昨年の9月にも横浜中華街で「大英雄」を観ているし・・・横浜中華街映画祭では
毎年レスリーの映画を上映してくださっている。

やっぱり私の感性が鈍くなっていた・・・感謝の気持ちが薄れていた。
今年は中華街でレスリーの何の映画が観られるのかな。

by kelly-o | 2018-09-02 09:46 | 映画 | Comments(0)